世界で一番高級なコーヒーが飲んでみたい

 

最近のコンビニコーヒーは本当に進化してきますよね。

昨日セブンイレブンで飲んだアイスカフェラテは甘くなくておいしい。

以前はあまいミルクが入っているアイスコーヒーしかなかったのに驚きですね!?

コーヒーは元々万能薬として医薬的に使われていたりしたり、なにかと万能な飲み物ですが、コーヒーの中にも特別高級なコーヒーというのがあるのです。

今回はそれを紹介します。

そのコーヒーとは、見たところ普通のコーヒー豆なのですが香りが断然違うそうです。

豆を入れ熱湯を注ぐと、湯気を伝って高級感漂うコーヒー特有の香りが立ち上ります。さて、このコーヒー、一体どのようなものかと言いますと、実は猫のウンチだそうです。

びっくりしたかと思いますが正確に言うと、ジャコウネコのウンチから採れるコーヒー豆です。

本場のインドネシアではそのコーヒーのことをコピ・ルアクと呼ばれ親しまれています。

しかし、値段は1杯8000円とかなり高いですね。でも、そんな高級コーヒー、コピ・ルアクを飲んでみたい!という方もいらっしゃると思います。

今はネットの通販のおかげもあり、簡単にそういったコアなものが手に入るようになっていますね。

ネット通販ではただ値段が高いコーヒーだけでなく、値段も手ごろで高級感があるパッケージデザインのコーヒーショップがいろいろあります

いろんな自家焙煎店を訪れましたが、こちらのお店のレギュラーコーヒーが美味しかったのでおすすめしたいですね。→http://コーヒー粉おすすめ.com/

コピ・ルアクも同様にネットで購入が可能のようです。しかし、これだけは気をつけてください。

最近は偽物のコピ・ルアクがネットで流れているそうです。

本物だと思い込んで高額商品を頼んだら偽物だった…なんてことが無いように、しっかり情報収集してから購入をご検討下さいね。

 

 

こだわりのコーヒーの淹れ方

 

私はコーヒーが大好きで、毎朝コーヒー豆を挽いてから飲んでいます。

毎日淹れ方も工夫をしているのですが、「あなたが淹れると美味しい」と言われたコーヒーの淹れ方を紹介したいと思います。

まずは、分量。これはきちんと測りましょう。

有名メーカーのコーヒードリッパーには計量スプーンが付いていることが多いですが、ない場合は、大さじすりきり2杯でもOKです。

これに対し、お湯の量は、140ccです。これもぜひ、計量してから沸かしてください。

お湯が沸いたら、すぐに注がずに、1分ほど待ってください。沸騰直後ではなく、少し冷めたくらいが、ベストの温度です。

 

コーヒーとドリッパーとカップをセットしたら、コーヒーの粉の中心を指でくぼませて、そこへお湯を数滴垂らします。

30秒ほど待って、香りを立てます。コーヒーが蒸らされて、このあとに注ぐと美味しくなります。

ジャーっと注ぐのではなくで、お花の水やりをするように、優しく静かに注いでください。

 

そして、最後のポイントとなるのが、「最後までお湯を落としきらないこと」です。最後の最後までお湯を落としきってしまうと、苦味や雑味が入ってしまいます。

 

ドリッパーによっては、お湯の落ちる早さが早いものがあるので、注意しましょう。

香りを楽しんだり膨らんでくるコーヒーの粉を見ながら静かにお湯を注ぐ瞬間は、ほかでは得られない楽しみだと思います。

ぜひ楽しんでやってみて欲しいです。

ポイントは、「待つこと」「静かに注ぐこと」です。

 

慣れると無意識にできるようになります。ぜひぜひお試しください。